短時間リハビリ特化型 いつまでも笑みを

レッドコード・グループエクササイズ

レッドコード・グループエクササイズ

体に障害のある方や筋力の弱い方も、座位でのストレッチや上下肢の連動した動作を保持し、繰り返し行うことで、可動域の拡大や筋力アップにつながります。
グループで行うことにより連帯感や達成感が生まれ、精神的にも良い効果を引き出すことができます。また、運動機能に応じて行うことで、機能維持や回復も可能です。

≪ロープ有無による重心移動範囲の違い≫

 

 
ロープを持ちながら行うエクササイズを行うと、重心移動に対する安心感とロープによる介助作用により、ロープがない時よりも大きく重心移動ができるようになります。
より大きく動くことができるようになると、関節や筋肉をより大きく多く働かせることが可能となります。身体に対してロープが出ている場所(サスペンションポイント)によっても、牽引・リラクゼーション・ストレッチ・筋力アップなど様々な効果があります。

≪体幹を前方左右に倒していく運動≫

 
肩関節の屈曲・外転方向への可動域の広がり・体幹体側部のストレッチ

≪腕を内から外へ動かしながら、足を連動させる運動≫

 
股関節の外転筋、内転筋の強化と大腿内側部分のストレッチ

≪両腕の開閉、足を同時に連動させる運動≫

 
肩関節、股関節周囲筋群と体幹筋群の強化やストレッチ

≪両腕の前後開閉、足を交互に連動させる運動≫

 
肩、股関節屈筋群の強化とストレッチ・歩行時の手足の動きに連動

≪膝を伸ばし保持する運動≫

 
股関節屈筋群、膝関節伸筋群、体幹筋群の強化

≪下肢の開閉で、可動域・筋力・協調性の運動≫

 
股関節周囲筋群と体幹筋群の強化、骨盤の安定性

≪下肢の交互開閉で、可動域・筋力・協調性の運動≫

 
股関節の外転筋・内転筋の強化と大腿内側部分のストレッチ

≪片足ずつ膝を持ち上げてバランスをとる運動≫

 
臀部を構成する大殿筋・腸腰筋の強化と骨盤の安定性

≪両足を揃えて膝の曲げ伸ばし運動≫

 
大腿四頭筋・下腿三頭筋・大殿筋・中殿筋などの筋力アップ

≪足を前後に開いて膝の曲げ伸ばし運動≫

 
重心移動の安定性とアキレス腱の柔軟性

≪片足ずつ足を前後左右に上げる運動≫

 

 
股関節の運動能力と股関節周囲の筋力強化・バランス能力

≪手を伸ばしながら、足を踏み出す運動≫

 
肘と膝関節の運動能力とアキレス腱のストレッチ・歩行バランス

≪座位から立位へ重心移動の運動≫

 
立ち上がり動作の連動と膝関節周囲と体幹の筋力強化

≪ステップ台を前後に乗り越える運動≫

 

 
膝と股関節周囲の筋力強化と歩行の安定

≪バランスボード上で足踏みをする運動≫

 
バランス能力の強化と膝関節と股関節周囲筋群の強化

≪バランスボードを左右に乗り越える運動≫

 

 


股関節周囲筋群の強化と股関節の外転筋・内転筋の強化とバランス

上記画像の運動は実際にデイサービスエミオで行っている運動の一部です。
この運動パターンの中から利用者の運動機能に合った項目を選択し、グループエクササイズを構築して行っています。
グループで楽しみながら、「関節可動域の拡大」「筋力増強」「バランス感覚の向上」を目指し、日常生活における基本的な動作を改善していきます。
自然な動きを身につけていくと、ケガや転倒の防止にもつながっていくので、身の回り動作の自立やご家族の介護量の軽減が図れます。
理学療法で行われている個別の治療行為ではなく、グループエクササイズ(集団トレーニング)を行い、楽しく、そして最大の効果を求めて取り組んでいます。

お気軽にお問い合わせください TEL 079-267-8008 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © 株式会社ライフシャイン All Rights Reserved.